読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

FIGHTING MAN

戦争は、爺さんが決めて、おっさんが命令して、若者が死ぬ(大橋巨泉)。

【杉並区議選挙】メディア露出を拒む次世代の党候補者

政治 爺世代の党

ameblo.jp

日刊ゲンダイ2015年4月6日号

「週末特報 

   悲劇か喜劇か 今回もまた美しすぎる候補者乱立」

に、この方の記事が載っていました。

夕刊紙にはありがちな企画ですね。

 

f:id:tamasuji:20150406184934p:plain

 

「メディアに出ることにまだ抵抗があるので」

 

との理由で、取材を断られたそうです。

 

候補者はありとあらゆる手段を使って有権者に思いを伝え、

当選するために一票でも多くの票を獲得するべく頑張るものだと

思っていたので、驚きでした。

 

メディアには出ず、ネットや街頭演説やチラシ配りだけで

当選を狙おうというのは、現時点ではかなり無謀なのではないかと

私なんかは思いますが、大丈夫なのでしょうか。

出馬の”予定”だから、まだ決まってはいないようですが。

 

これから政治の世界に入ろうという新人の候補者が、

メディアに出ることを怖がっていてどうするんでしょう。

 

昨日書いた世田谷区長選挙の候補者もそうですが、

本当に政治家になりたいのか?

若くて綺麗だから担ぎ上げられちゃったのか?

が良く分からない、残念な候補者です。

 

それでもある程度の票は集められるかもしれませんが

落選して供託金が没収されないよう、

投票日まで頑張って頂きたいと思っています。

 

私は杉並区民ではないので投票は出来ませんが、

結果を楽しみにしています。