読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

FIGHTING MAN

戦争は、爺さんが決めて、おっさんが命令して、若者が死ぬ(大橋巨泉)。

恩師に叱られてしまった安倍総理大臣

澤藤統一郎の憲法日記 » ポツダム宣言もカイロ宣言も、つまびらかにしない総理

アベ君。私は恥ずかしい。高校生のキミに歴史を教えたのは私だ。キミの歴史への無知は私にも責任がある。なんともお恥ずかしい限りだ。 

 

今にして思う。高校生の時に、キチンとキミの歴史と社会の成績に落第点をつけて、留年させておくべきだった。そのうえで、まっとうに勉強させておくべき だったのだ。それがキミのためでもあったし、日本の国民のためにもなったのだ。不勉強なキミを及第させ、卒業させてしまったことがまちがいだった。まこと に残念だ。 

 

政治家(特に総理大臣)は常に批判にさらされる存在ではありますが、

高校時代の歴史の先生に叱られてしまった総理大臣も

珍しいのではないでしょうか。

 

安倍氏は成蹊小学校、成蹊中学校、成蹊高等学校を経て、

成蹊大学法学部政治学科を卒業されたようですが、

成蹊の在校生、卒業生、職員の皆さんは今、

恥ずかしい思いをしているのでは。

 (ちなみに成蹊はトップクラスではないけれど、

良家の子どもが通う事で知られる、

それなりのステイタスを得ている学校のはずです。

 

国会議員に立候補する者には予め試験を行い、

最低限の歴史の知識を持たない方は

立候補出来ないようにすべきと考えます。