読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

FIGHTING MAN

戦争は、爺さんが決めて、おっさんが命令して、若者が死ぬ(大橋巨泉)。

『安倍さんはいつも威勢のいいことをブチ上げて、都合が悪くなると、裏口からコソコソ逃げるようなやり方をとる。』

「70年談話を『私的見解』にすることを検討していると知り、

またか、と思いましたよ。

安倍さんはいつも威勢の いいことをブチ上げて、

都合が悪くなると、

裏口からコソコソ逃げるようなやり方をとる。

憲法改正の発議に衆参それぞれ3分の2以上の賛成を必要としている

憲法96条の見直しも尻すぼみ。

憲法改正そのものも解釈変更でごまかす。

全員を返すと宣言した北朝鮮拉致問題も何も動いていません。

いずれにしても、『安保法制は違憲だ』と憲法学者3人が

国会で断言したのをきっかけに、潮目が変わり、

安倍首相の工程表はことごとく崩れた。

順調に航路を進んできたつもりで しょうが、

ここへ来て、急速に舵が重くなり、絡まり始めたように思います」 

政治評論家の野上忠興氏

 

www.nikkan-gendai.com

http://m.sponichi.co.jp/society/news/2013/05/05/jpeg/G20130505005744160_view.jpg

この写真、懐かしいですね。

安倍さんが憲法96条改正を目論んでいた約2年前、

2013年5月5日の写真です。

m.sponichi.co.jp

 

安倍総理は本当に会見だとか挨拶だとかが大好きで、

しょっちゅうしょっちゅうテレビに出て来ますよね。

私はその度にテレビのチャンネルを変えるんですが。

 

こんなに会見だの挨拶だのが好きな総理大臣って、

私の知る限りいないですよ。本当にお好きなようですね。

余程気持ちがいいんでしょうか。

 

単に生まれが良かっただけなのに総理になって勘違いして、

周りの人間を下に見て威張り散らす、

最低な人物だと私は思っています。

 

アベノミクスも安保も年金も北朝鮮も、

彼の政策は決して上手くは行ってないですから、

また急に体調不良で入院して辞任するんじゃないですかね。

 

もう本当に政治家を辞めてゆっくりしていて欲しいです。

くれぐれも再び総理大臣など目指さないように。