読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

FIGHTING MAN

戦争は、爺さんが決めて、おっさんが命令して、若者が死ぬ(大橋巨泉)。

【悲報】百田尚樹氏「沖縄2紙はほとんど読んでいない」

www.chunichi.co.jp

百田氏は二紙について「関西にいるのでほとんど読んでいない」としながらも、インターネット上の論評から歴史認識などについて「偏向している」と感じたという。両紙の論調が似ていると指摘した上で、「カウンター(対抗する立場の言論機関)が必要だ」との認識も示した。 

”インターネット上の論評” というのが具体的に何なのかは書かれていませんが、

要するにネットに溢れるソース不明の匿名情報、まとめ記事の類でしょうか。

共同通信の記者は彼に具体名を挙げるよう、突っ込んで欲しかったですね。

 

どうも彼や彼と同じような主張をされる方には、

ネット上の不確実な情報に飛びついて拡散される方が多いように感じます。

もちろん誰にでも間違いはありますが。

 

以前も自民党の片山さつきさんが民主党に関するデマを拡散し、

謝罪に追い込まれる騒ぎがありました。

togetter.com

百田氏は議員ではないですが、

ベストセラー作家で安倍総理と親しくNHKの経営委員でもあった方ですから、

発言にはより慎重を期したほうがいいと思うのですが。

 

昨日の国会では民主党はこの問題を取り上げ、

安倍総理を追及したようですね。

民主党にとって今回の騒動は、渡りに船だったことでしょう。

 

結果として彼は嫌いな民主党を利し、

支持する自民党安倍政権を苦しめているのですから皮肉なものです。

www3.nhk.or.jp

彼は非公開設定にしていたTwitterを公開に戻したようなので、

今後また問題発言をして安倍政権を後ろから撃つようなことに

なるのではないか、と心配しています。

早速また妙なツイートをしています。

 

メルマガであっても、何を言っても許されるわけではありません。

それに沖縄2紙をほとんど読まずに発言をしておきながら、

「私のメルマガにはウソはない!」

とは失笑。
 

 

面白い事を言ったつもりなんでしょうが、懲りない方ですね。

これもまた読まずにネットのデマに基づく発言で無ければいいのですが。

百田氏と主張が近いであろう読売新聞でさえ、

「地元紙に対する今回の百田氏の批判は、やや行き過ぎと言えるのではないか。」

と彼の発言には苦言を呈しています。

www.yomiuri.co.jp

産経新聞は今のところ今回の騒動に対する態度表明が見当たらないようですが、

メディアとしてどうなんでしょうね。