読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

FIGHTING MAN

戦争は、爺さんが決めて、おっさんが命令して、若者が死ぬ(大橋巨泉)。

戦後70年の節目に戦争の歴史を学ぶ

今年の元旦に発表された、

天皇陛下のご感想がずっと頭の中にありました。

 

本年は終戦から70年という節目の年に当たります。

多くの人々が亡くなった戦争でした。

各戦場で亡くなった人々,広島,長崎の原爆,東京を始めとする

各都市の爆撃などにより亡くなった人々の数は誠に多いものでした。

この機会に,満州事変に始まるこの戦争の歴史を十分に学び

今後の日本のあり方を考えていく ことが,今,

極めて大切なことだと思っています。 

天皇陛下のご感想(新年に当たり):平成27年 - 宮内庁

 

学生時代、歴史の勉強は嫌いで殆ど身に入りませんでした。

人生の半分を過ぎた今、そのことの重大性を感じています。

 

当たり前のことながら世の中はずっと繋がっているので、

昔の事を知っておかないと現在の事をよく理解できません。

 

日々多くのニュースが報じられるので、

それを追いかけることに一生懸命になってしまって、

歴史を学ぶことが疎かになっていました。

 

これではまずいと思い、戦争の歴史を本を読んで学んでいます。

 

昭和史 1926-1945 (平凡社ライブラリー)

昭和史 1926-1945 (平凡社ライブラリー)

 
昭和史 戦後篇 1945-1989 (平凡社ライブラリー)

昭和史 戦後篇 1945-1989 (平凡社ライブラリー)

 

 

どちらも分厚い本かつ私は無知なのでスローペースですが、

類書に比べると分かりやすく書かれているように感じます。

 

今年は戦後70年の節目でもありますし、

歴史をきちんと理解する一年にしたいと思っています。