読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

FIGHTING MAN

戦争は、爺さんが決めて、おっさんが命令して、若者が死ぬ(大橋巨泉)。

デモの過剰警備

www.nikkan-gendai.com

私も国会前に行った時に

「何でこんなに警察官がいるの?」

「狭い歩道にぎゅうぎゅう詰めにされて、身動きが取れない!」

と感じましたね。

どこにあんなに警察官がいたのかと疑問に思う位、本当に多いんですよ。

 

勿論警察は安全の為と説明すると思うんですが、

歩道にあれだけ押し込まれてしまうと、子供やお年寄り、

それに身体の不自由な者は参加することが困難になります。

それが政府側の狙いなのか、とも思ってしまいます。

 

デモに関して否定的な方もいますが、

私のような何の力も無い人間はただ一人で活動していても

何ら社会に影響を与えることは出来ません。

万単位でまとまり、声を上げることでようやくメディア等で報じられ、

何らかの影響を及ぼすことが出来ます。

 

「抗議活動は憲法で規定された言論の自由の実現であり、最大限度の保障を必要とする。安保審議が進む9月にはさらに人が増える。参加者の安全を確保するために、警察とデモ主催者がうまくやれるよう調整していきたい」(弁護士の神原元氏)

 

ボランティアで警察の違法行為に抗議して下さる弁護士さんには感謝です。今やっていることは国民が国に憲法を守らせるための活動なので、警察はその権利を守って欲しいものです。

 

安保法案が成立して自衛隊が海外で戦闘を行ったら、日本でもテロが発生する恐れがあります。その時、真っ先に危険に晒されるのは警察官なのではないでしょうか。

 

警察官こそ今の政府に危機感を持ったほうが良いのでは、と思うのですが。