読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

FIGHTING MAN

戦争は、爺さんが決めて、おっさんが命令して、若者が死ぬ(大橋巨泉)。

災害のニュースに気を取られている間に

mainichi.jp

政治の世界では大きな事件・事故のニュースに隠れて国民に知られたくないことがやる、と聞いたことがあります。

今日はNHKも民放も栃木・茨城の水害の話で持ちきりです。それはそれで重大なことではありますが、国会は平常運転ですのでそちらへの注意も怠ってはいけません。

安保法案だけでなく、こちらの法案も国民の生活に大きな影響を与える問題です。

派遣法改悪案を可決強行/参院本会議 「骨の髄まで企業保護」/小池副委員長が反対討論

これまで何度も国会に出ては流れた法案ですが、ついに明日11日に衆議院にて可決の流れだとか。これでますます雇用が不安定になることは間違い有りませんね。

 

それにしても水害の報道を見ていると、日本は本当に災害の多い国ですよね。私の住む辺りも過去に浸水がありましたので、決して他人事ではありません。一刻も早く収まってくれるといいのですが。