読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

FIGHTING MAN

戦争は、爺さんが決めて、おっさんが命令して、若者が死ぬ(大橋巨泉)。

何故か産経新聞が安倍政権を批判

ちょっと前のニュースですが、産経新聞はどうしてしまったんでしょう。

www.sankei.com

国会を通じて国民に説明すべき内容はいくらでもある。
「召集の必要性は感じない」
と口にする政権の鈍感さにはあきれる。
安倍晋三首相の外遊日程が立て込んでいる、などと理由にならない事情を挙げている。
国会を開けば、よほど都合の悪いことがあるのか。いらぬ疑いも招こう。
堂々と国会を開き、目指す政治の道筋を語るときである。 

安倍応援団の産経新聞が実に真っ当な安倍政権批判!安倍政権としては今国会を開くのはよほど都合が悪いのでしょう。国会よりも外遊を優先するとは全く理解の出来ない話です。

11月3日には国会前で「国会開けデモ」が開かれるようなので、都合が付いたら行こうかと思っています。