読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

FIGHTING MAN

戦争は、爺さんが決めて、おっさんが命令して、若者が死ぬ(大橋巨泉)。

安倍総理の辞書に反省の文字はない

www.asahi.com

安倍総理としては野田前総理にやり込められる場面を国民に見られたくなかったのでしょう。しかし答弁はいつものごとく民主党に責任を押し付ける酷いものでした。

blogos.com

今日のハイライトは、あの党首討論を思い出させる野田前総理と安倍総理との対決。あの時、衆院解散というカードを切って「国民に増税する以上は国会議員も 定数削減を断行を」と求める野田総理に「やりますよ」と応じたのに、「次期国会で」と言った定数削減を安倍総理は政権を取ったら4年間も放っぽらかしにし てきた。

小田原評定を続けたあげく、有識者会議に丸投げし、それでも出てきた答申をそのまま受け入れず、答申の「定数10削減」がやっと2022年に実現する 「10年先送り」の案で決めようとしていた。さすがに「安倍総理は嘘つきだ」と批判され、ついに野田前総理まで乗り出してきて、あわてて今朝になって 「2015年の国勢調査に基づき定数10削減する」と国会答弁で「5年前倒し」に方針転換した。

「あの党首討論の約束は何だったか」と、静かに、しかし重々しく問う野田元総理に対して、安倍総理は、言い訳じみた長広舌をふるい、時に相手のせいにし た。話をそらして約束を違えた自己を正当化していく安倍総理に「いつもこうなんですか?」と戸惑いながらも、野田前総理は、質問を続けていく。

この方が日本の最高責任者なのですから、他の政治家も問題発言や金銭のトラブルなどになるのでしょう。野田前総理は安倍総理に反省を促していましたが、その気があるならとっくに政治家を辞めているのでは。

まあそれもこれも、安倍政権を支持する有権者が問題なのですが。