読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

FIGHTING MAN

戦争は、爺さんが決めて、おっさんが命令して、若者が死ぬ(大橋巨泉)。

安倍総理の解散否定発言は怪しい

www.sankei.com

「解散の『か』の字も考えていない」

などと強調するところが、実に怪しいですね。

なるべく世間の裏をかいて解散した方がインパクトは高く、
選挙にも良い影響を与えると考えているようにも思えます。
安倍総理はサプライズが好きな方ですからね。

それにしても外遊中なんだから、外交に専念すればいいのに。
わざわざ海外で御用記者を前に国内の話をするというのは、
大して用もないのに外遊に行ったから暇なのでしょう。

総理大臣が憲法7条を根拠に、好き勝手に解散するのもおかしいですね。

第七条  天皇は、内閣の助言と承認により、国民のために、左の国事に関する行為を行ふ。
 憲法改正、法律、政令及び条約を公布すること。
 国会を召集すること。
三  衆議院を解散すること。

(以下略)

手元にある「読むための日本国憲法(文春文庫)」を読むとやはり、
同様の意見は少なくないようです。
2003年の小泉純一郎首相による衆議院解散の際、
「解散権の乱用は許されない(野中広務元自民党幹事長)」
「首相が好き勝手に解散するのは院の無視だ(綿貫民輔衆議院議長(当時))」
と言って反対したと書かれています。

読むための日本国憲法 (文春文庫)

読むための日本国憲法 (文春文庫)

 

Yahoo!知恵袋にも同様の記述があります。

note.chiebukuro.yahoo.co.jp

いずれにしても現在の総理大臣のやりたい放題は、もう勘弁して欲しいものです。