読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

FIGHTING MAN

戦争は、爺さんが決めて、おっさんが命令して、若者が死ぬ(大橋巨泉)。

自民を利する野田佳彦は民進党から出ていくべき

http://iwj.co.jp/wj/open/wp-content/uploads/2016/11/161104_344146_ec-640x425.png

民進党野田佳彦幹事長が会見で山本農水大臣を批判!――自由・小沢一郎代表との会談については「野党共闘を具体的に進めていく上で相談をしている」としつつも衆院補選敗北の総括は言葉を濁す | IWJ Independent Web Journal

www.nikkansports.com

要するに野田は「野党共闘などしたくないノダ」。

民進党だけでは選挙に勝てないのにそのようなことを言っているということは、維新と同じで隠れ自民党だということ。

 ★野田は先の新潟県知事選挙で民進党の地元支部長の知事選挙転出を歓迎せず、連合が自公候補を推薦すると、後を追うように候補者を擁立せず自主投票にした。選挙終盤、周囲に言われて党代表・蓮舫が野党統一候補の応援に入ると、あらためて野田は連合にわびに行くというポチぶりだ。連合と野田の共通点は自民党、首相・安倍晋三に強いシンパシーがあることだ。

 ならばさっさと民進党を出て自民党に入り、安倍内閣の一員にでもなれば良いだけのこと。

与党だった民主党を自爆解散して惨敗、野党に転落させた罪の意識もない御仁。なおかつ野党共闘は嫌だと我が儘を言うのであれば、

「民進党から出ていけ!」
と一喝してやりたいものです。むしろ民進党の中からそのような声が挙がらないことに、大きな疑問を感じます。

TPPも自衛隊の駆けつけ警護も、議席で圧倒する与党の力で可決されてしまいました。このまま民進党がだらしない状態では、与党のやりたい放題が続くことになってしまいます。