読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

FIGHTING MAN

戦争は、爺さんが決めて、おっさんが命令して、若者が死ぬ(大橋巨泉)。

自民党福井県連、高木元復興相の下着泥棒を認める。

http://www.takagitsuyoshi.com/common/image/main_visual02.jpg

高木つよし公式サイトより)

www3.nhk.or.jp

自民党福井県連の会長を務める山本拓衆議院議員は、県連が調査をした結果だとして、地元選出の高木毅前復興大臣がおよそ30年前に「女性の自宅に住居侵入し、逮捕されていた」と述べました。高木氏はNHKの取材に対し「これまで国会や記者会見で申し上げているとおり、そのような事実はない」と話しています。

これは自民党福井県連会長の山本拓衆議院議員が、13日、福井県庁で報道各社に対して述べたものです。

それによりますと、おととし、一部の週刊誌がおよそ30年前に高木前復興大臣が女性の自宅から下着を盗んだなどと報じたことを受け、県連が独自に調査を行った結果だとして、「女性の自宅に住居侵入し、逮捕されていた。そのあと、女性と示談になったので問題とはならなかった」と述べました。

これについて高木氏は、NHKの取材に対し、「これまで国会や記者会見で申し上げているとおり、そのような事実はない」と話しています。

所属政党から過去の犯罪を認定されてしまうとは、何とも見苦しいお話です。しかも未だに本人は否定していますが、それを信じる者は恐らく誰もいないでしょう。

高木さんはきちんと罪は認め、反省して出直せばいいのにと思いますが。

衆議院議員 高木つよし

プロフィールを見ると家族は「母・妻・二男二女」とあります。4人のお子さんは今後ずっと「父親が例の高木元復興大臣」と言われ続けてしまうのでしょう。

それにしても、何故このタイミングでこのような発表がされたのでしょうか。次の選挙で出馬を諦めさせるため?

いずれにしても、福井県の皆さんには次の選挙で良識を示していただきたいものです。